カテゴリ:寫眞( 102 )
自動焦點
小西六寫眞工業が一九七七年に世界初の自動焦點式寫眞機を發賣した日。所謂「ジヤスピンコニカ」と称した製品也。夜馬にて實演會。
[PR]
by talgo | 2014-11-30 23:59 | 寫眞 | Comments(0)
natsu
遙か坂上のスタジオへ炎熱行軍。借りて來た猫と謂ふか勝手を捉へられない儘に終はつてゐた感はあるものゝ概ね滿足。
[PR]
by talgo | 2013-07-13 23:59 | 寫眞 | Comments(0)
撮影
龜とか東陽とか。晝飯を忘れる。意外に保つもの。
[PR]
by talgo | 2013-03-23 23:59 | 寫眞 | Comments(0)
遠くを視る
蘭國眼鏡技師リッペルハイが遠眼鏡を發明した日。寫眞機用望遠レンズに心躍らせたのは小學四年生の頃かと記憶してゐる。自動で焦點を合はす時代が到來しても矢張り手動で合はせて動く對象が合焦位置に這入る瞬間を待つ方が心躍るもの。/併颱風と謂ふのは厄介なものであると霽天の空を視て改めて思ふ。
[PR]
by talgo | 2012-10-02 23:59 | 寫眞 | Comments(0)
深化の過程
晝ラクーアにて催亊。先日の曲を生で聽くことが出來たのは好。其儘地下鐵でぐるりと「深海」展。前より深く濃くなつてゐる印象也。一貫してゐ乍らも進化若くは深化してゐるやうな傾き。/ホイットニー・ヒューストンの訃報。四拾八歳。
[PR]
by talgo | 2012-02-11 23:59 | 寫眞 | Comments(0)
高千穂
手塚治虫の命日。横濱みなとみらいにて寫眞機の催亊が始まつたと謂ふ話ではあるが然程關心が向かないもの。高千穂光學の新機種が唯一惹かれる處であるが中古商品が出廻る迄は様子を視るくらゐの感じであらうか。本社は未だ大變な状態かも知れないが寫眞機部門は持堪へて慾しいと思ふ。
[PR]
by talgo | 2012-02-09 23:59 | 寫眞 | Comments(0)
LAST SEEIN'
蔭時折霽。氣温も然程上がらず季節感に見合つた肌觸りになつて來た。現在寫眞展が開催されてゐるが何となく足を運べるか否か判別らない感じがするのでジュンク堂にて高梨豊『IN'』[新宿書房]を贖ふ。凝つた構造の寫眞集也。
[PR]
by talgo | 2011-12-06 23:48 | 寫眞 | Comments(0)
トリウムレンズ
中日優勝とのこと。阪神は次期監督に和田豊や梨田昌崇の名が出てゐる。/トリウム硝子を使つてゐる一眼レフレックス用レンズは五拾年前後が經過した現在でも測定器の針が結構振れるやうである。フイルムが感光しない程度と謂ふ線量なのでレントゲンよりも弱い筈であるが幾つも集まつてゐると如何なものなのか氣になる處也。
[PR]
by talgo | 2011-10-18 23:59 | 寫眞 | Comments(0)
再燃するも
以前手抛したレンズが亦使ひたくなり幾つかの店舗を巡るが四十年くらゐ前の製品である爲に状態がよいものが見つからず且つ寫眞機本體と抱き合はせで販賣されてゐる塲合も夛く思切ることが六つかしい。値段よりも使ふか否か判別らない銀鹽寫眞機が増殖することが問題。
[PR]
by talgo | 2011-09-17 23:59 | 寫眞 | Comments(0)
f0135992_23361485.jpg

[PR]
by talgo | 2011-09-12 23:36 | 寫眞 | Comments(0)


平成廿九年丁酉之記...
by talgo
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
カテゴリ
雜記
讀書
落語
映畫
音樂
舞臺
寫眞
検索
最新のコメント
コメントを戴いているのに..
by talgo at 12:02
お変わりなく、なによりで..
by しゅに at 20:30
梅、アメリカンチェリー、..
by talgo at 01:14
嗚呼……中日だけでなく阪..
by talgo at 23:48
鈴木自動車と謂へば新幹線..
by talgo at 23:54
最新のトラックバック
山内一弘ではない山内和弘..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
風のガーデン 緒方
from トレンド情報
水谷豊
from さとの日記
リンク
ファン
記事ランキング
画像一覧