降雪の豫報も雪は降ズ。狐饂飩、黒米。
[PR]
# by talgo | 2008-01-21 23:04 | 雜記
驛前寄席
蕎麥、黒拉麺、黒米。昨日の二席に續いて本日の「寝床」で都合三種の「狂氣」を樂しむ亊が出來。只一番前の席は表情が觀易い反面、全體の仕草を見損ふことアリ。仲入後「与話情浮名横櫛」後半端折氣味ナルも堪能。志らべ「権助魚」眼線が近いので一番前にゐると覗き込まれてゐるやうにも感ずるもの也。

驛前寄席 Vol.4 立川志らく獨演會
會場 明治安田生命ホール
開演 14:00
演目「寝床」「与話情浮名横櫛」(立川志らべ「権助魚」)
[PR]
# by talgo | 2008-01-20 23:59 | 落語
まちなか寄席
蕎麥、信州菜、とろろ昆布。觀客席の反應も含めて二席とも素晴らしく足を運んでよかつたと思はせる内容。個人的には談志の「らくだ」よりも心地が好い。志らべ「子ほめ」當節風のクスグリが夛いのが氣になつたが流石に落ち着いたもの。

まちなか寄席 立川志らく獨演會
會場 まちなか文化施設「響のホール」
開演 18:30
演目「火焔太鼓」「らくだ」(立川志らべ「子ほめ」)
[PR]
# by talgo | 2008-01-19 23:59 | 落語
かきぞめと
氣温十度に滿たず。遅乍、かき初を爲。些か寂寥の感アリ面白てやがて悲しき云々と。夕餉はかす饂飩、山葵菜などを喰。
[PR]
# by talgo | 2008-01-18 23:55 | 雜記
概晴乍蔭、寒。可燃塵芥の日。空氣の乾燥が非道く咽喉に負担が掛かるやうな咳が出る。夕餉には蕎麥、高野豆腐。
[PR]
# by talgo | 2008-01-17 23:55 | 雜記
曇。金原亭馬生『十代目金原亭馬生落語集』コロンビア、聽。
[PR]
# by talgo | 2008-01-16 23:58 | 雜記
晴。胃腸の調子悪。立川志らく『全身落語家読本』新潮選書、再讀。
[PR]
# by talgo | 2008-01-15 23:23 | 讀書
たつぷり談春
壱拾伍時半ヨリ今池瓦斯ホォルにて立川談春獨演會。今囘は通しで「子別れ」を演る。前座は立川春太で「浮世根問」。昨年壱拾壱月の御津丁の獨演會でも春太が前座を務めたとのことで近場はこはる、遠出は春太を聯れてゐるのかと思つたり。

会場 今池ガスホール
開演 15:30
演目「子別れ」(立川春太「浮世根問」)
[PR]
# by talgo | 2008-01-14 23:59 | 落語
紅殻横丁
紅殻横丁の「いろは」が撤退してゐるのを知ル。本店は餘りに遠いのでだうしてもとのことであれば通信販賣と謂つた術があるものゝ何とも殘念。代用に會津拉麺を喰。PAULにてセイグル(半)を贖。夕刻の屋外氣温、ビルヂング壁の電光掲示板にて三度也。漸く眞冬の風情來。
[PR]
# by talgo | 2008-01-13 23:23 | 雜記
ランダムなる音
雨。幾つかの報道番組内では降雪との豫報もあつたが、さうはならず。土踏まず鏡餅の殘骸を喰べて一日を過ごす。相變はらずアレルゲのやうな洟を垂らしてをり頭痛なども併發するやうな状況で些か不調。/最近はハード内に取り込んでゐる音源をランダムに再生してゐる爲に特定のものを聽くことがない。併、格納してゐる音源自體が些か趣味に偏向してゐると謂ふことでそれが「特定」と謂つた鹽梅か。テクノ樂曲の次に笑福亭松鶴「遊山船」が流れることも。
[PR]
# by talgo | 2008-01-12 23:59 | 音樂
鏡割
晴。鏡餅を解體するのにも隨分腕力が要ルものなることを感ず。切り刻んでの結果、形状大小揃はず。/村井弦斎『喰道樂』上、岩波文庫刊、年始部分再讀。
[PR]
# by talgo | 2008-01-11 23:59 | 讀書
晴。胃腸の調子悪。
[PR]
# by talgo | 2008-01-10 23:59 | 雜記
洟垂仔僧
洟アレルゲの氣アリ。花粉症時期の前にこれでは先が思ひ遣られる也。終日倦怠感が抜けず呆とすることも。
[PR]
# by talgo | 2008-01-09 23:59 | 雜記
志らく百席〜第廿二囘
晴。十九時賑座にて立川志らく獨演會「志らく百席」第廿貳囘。「松竹梅」「崇徳院」「与話情浮名横櫛」の三席。開口一番は立川志ら乃「狸の札」。芝居から一週間でもアリ疲勞もあつてか速度感や狂氣は幾らか抑制氣味であつた。「松竹梅」はヨリ過剰な方が嵌る氣がしたが、その次の「崇徳院」は抑へた調子が丁度よかつたやうに思はるゝ。弟子のなかで唯一真打に近い位置にゐる志ら乃は註目株也。

會場 横濱賑座
開演 19:00
演目「松竹梅」「崇徳院」「与話情浮名横櫛」(立川志ら乃「狸の札」)
[PR]
# by talgo | 2008-01-08 23:59 | 落語


平成三拾年戊戌之記...
by talgo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
カテゴリ
雜記
讀書
落語
映畫
音樂
舞臺
寫眞
検索
最新のトラックバック
山内一弘ではない山内和弘..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
風のガーデン 緒方
from トレンド情報
水谷豊
from さとの日記
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
画像一覧