カテゴリ:舞臺( 75 )
ろまんす初日
エアースタジオ『ろまんす』
會塲 AQUA studio
開演 18:30
脚本 藤森一朗/演出 しゅん

此の時世でもあり初日でもあるので如何なる鹽梅かと思へども役者は慣れたもので安定した運び具合也。過去の公演を觀てゐないので配役の力關係が判別らない處ではあるが意外に「涼」の役廻りや俳優の特徴が展開を左右するやうにも感ずる。花粉症が心配であつたが病は氣からと謂ふことか觀てゐる間は症状を忘れてゐるくらゐ何ともなかつたのが面白き處也。
[PR]
by talgo | 2011-03-23 23:59 | 舞臺
劇団空感エンジン
『それゆけ!遠山一家 ~ヤスの妹 萌え♪萌え♪極楽(パラダイス)~』
脚本:吉野家菊之介
演出:藤森一朗
會場:エアースタジオ
開演:15:00

脚本が一緒で毎週演出及演者が別と謂ふ作品の第壱週の舞臺。既に第五作らしいので馴染みの觀客で會塲が占められてゐるやうな印象。補助席も出拂つて立見になる盛況振りである。本に依つて其の個性が際立つのか個性的であるから展開が面白くなるのか本篇を觀てゐるだけでは判別らないが各人各様樂しきもので何れを芯にしても觀てゐられるやうな氣がする。
[PR]
by talgo | 2011-01-10 23:00 | 舞臺
夢+夜
少年王者舘 第三十三回公演『夢+夜〜ゆめたすよる〜』
會場 七ツ寺共同スタジオ
開演 14:00

だうも記憶中枢に瞬發力がなくなつてゐるのか出演者が夛いと誰が誰やらやゝこしくなつて終ふので尠數精鋭と謂つた鹽梅が好ましいのであるが其れは扨措き腦の芯を鷲掴みにするやうな空氣感は實に心地よい。細かい表現や演技の優劣は演劇に詳しい人に譲るとして其の時空に身を委ねると之上ない快樂に包まれるかのやうな舞臺であると謂つた印象。
[PR]
by talgo | 2009-07-26 23:59 | 舞臺
可視化の運動
圧力団体イクチヲステガ〜第七回公演「物語」
會場 SPACE EDGE
開演 14:00

話の状況や時間軸が入替はり立替はり前後しつゝ展開して徃くなかで其れが互いに接續して視界が廣がる處が實に心地よい。亦道具立てが最小限以下に留められてをり存在しない對象を演技で表現してゐる點は觀てゐる側の腦内で不可視の世界を可視化する自由があると謂ふことで實演の面白さが発揮される部分でもある。某落語家が根夛に合はせた大道具を組んで面白さを臺無にして終つたことがあるが其の逆の様式があると謂つた感。想像力で世界を補完する作業が現場に參加してゐる興奮を産出するのである。演ずる過程で臺詞が蹌踉る點は許容範囲と謂へやう。
[PR]
by talgo | 2009-04-11 23:59 | 舞臺
あした〜愛の名言集〜
下町ダニーローズ『あした〜愛の名言集〜』
會場 紀伊國屋ホール
開演 19:00
出演 立川志らく、なべおさみ、森口博子、北原佐和子、須藤温子、他

劇場が大きめになると空間に對應した演出がスタンダードなものになるが、それだけ餘所の劇團との遜色も(よい意味で)なくなるやうな氣がする。旦那藝や趣味と謂はれてゐたものから抜け出た感アリ。逆に小さな劇場でもこのスタイルを維持出來ればより安定するのではないかとも思ふ。/地下鐵副都心線開通。午前中に岩手寓城で大きな地震アリ。驛の無い場所で停止してゐる新幹線の映像などは珍しい。
[PR]
by talgo | 2008-06-14 23:59 | 舞臺


平成三拾年戊戌之記...
by talgo
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
カテゴリ
雜記
讀書
落語
映畫
音樂
舞臺
寫眞
検索
最新のトラックバック
山内一弘ではない山内和弘..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
風のガーデン 緒方
from トレンド情報
水谷豊
from さとの日記
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
画像一覧